用途による犬の分類

犬の歴史的な用途に基づく、大まかな分類です。
様々な分類方法があり、複数に所属してしまったりと、正確な分類ではありませんので、おおよそのものだと思ってください。

用途による分類と特徴

 ①鳥猟犬(ガンドッグ)
   狩猟犬の一種。
   おもに、人間が銃(ガン)で猟をするのをサポートするのが仕事。
   直接攻撃しないので、攻撃性は低く、共同作業が得意。

 ②獣猟犬(ハンティングドッグ)
   狩猟犬の一種。
   基本的にはガンドッグと同様の性格が多い。
   イノシシや鹿など、大型の動物を狩猟するのに使役されるものは、
   攻撃性が強かったり、狩猟本能が高いものがいる。
   狩りの対象となるものによって、特徴が出る。

 上記の①②を合わせて猟犬とすることが多いです。
 これらは、さらに、その役割によって分類することが多いです。
    ・獲物を発見し、追跡する(ハウンド)、追い込む
      発見方法により、視覚、嗅覚で分類される。
    ・ポイント(獲物の位置を知らせる)
    ・獲物との格闘・獲物の回収(レトリーバー)
       回収と、格闘でさらに分類されることもある。

 ③使役犬
     狩猟以外のほぼ全ての各種作業に従事するための犬。
    作業内容によって異なるが、概ね、重労働が多い。
    ただし、近年は探知を目的とした嗅覚特性を利用したりすることが
    多いため、必ずしも大型犬などではありません。
    警察犬や麻薬探知犬、聴導犬、盲導犬、病気の発見なども。
    福祉活動においても、使役犬と言えなくもないでしょう。

 ④牧羊犬(シェパードドッグ)
    放牧中の家畜の誘導、見張り、守護、その他管理のための犬
    守護が目的のものはガーディングドッグ。
    誘導が目的のものはハーディングドッグと分類される。
    それぞれ特徴も異なる。

    最近は、動物の外敵として、猿や狼などが減ったこと、柵などの設置等も
    あり、ガーディアンとしてよりも、ハーティングとしての利用が多い。
    小型・中型犬が主体となりつつある。

 ⑤愛玩犬(コンパニオン)
    もっぱら、人間の伴侶(コンパニオン)として開発された犬。
    現代においては、ほとんどの犬がこれを目的として飼育されるが、
    ここでいう分類上のものは起源としてである。

国際畜犬連盟において(ジャパンケンネルクラブも同様)

登録犬種を次のようにグループ・セクションで分類している。

  1. 牧羊犬・牧畜犬
  2. 使役犬
  3. テリア
  4. ダックスフンド
  5. 原始的な犬・スピッツ
  6. 嗅覚ハウンド
  7. ポインター・セター
  8. レトリーバー、スパニエル、ウォーター・ドッグ(7G以外の鳥猟犬)
  9. 愛玩犬
  10. 視覚ハウンド

こちらの分類の方がグローバルスタンダードかも知れない。
ただ、いずれにせよ、便宜的なものに過ぎず、個別の犬種による特徴を把握し、
個体差も考慮していく必要があると言えよう。

タイトルとURLをコピーしました